Menu

会社概要

eGeeTouch®は、DIGIPAS Technologies Inc.社と創立25年以上のVenturaグループ傘下のJSB TECH Pte Ltd社との登録商標です。アメリカ、日本、イギリス、ドイツ、シンガポールで展開しており、CEOは電子デバイスとその製法において、先進的な技術分野で30以上の特許を所有しているジム・リー博士です(ケンブリッジ大学卒)。eGeeTouch®のビジネスラインは、既存のシリンダー南京錠やダイヤル錠との置き換えることのできる、ハイセキュリティなスマートロック電子錠の開発及び製造に特化しています。世界初のスマートロック電子錠、eGeeTouch®は、従来の鍵の煩わしさを一掃しました。出張や旅行時に携行する荷物の置き忘れ防止や、「いつ」「どこで」「だれが」解錠したかなどを参照できるアクセスセキュリティーと認証システムを実現しました。スマートロック電子錠は、鍵を持ち歩く必要も、ダイヤルキーの解錠番号の記憶も不要で、現在のモバイル社会にマッチした製品です。

eGeeTouch®のユニークなプロダクトは、TÜV SÜD(テュフズード:ドイツ本社。技術検査協会)やSGSにより、CE(EU加盟国の基準を満たす商品に付けられるCEマーク)、FCC(Federal Communications Commission。アメリカ連邦通信委員会。FCCが定めた情報処理機器のノイズ(他の通信機器に悪影響を及ぼす電波)に関する規格)、C-Tick(オセアニア地域の安全規格。現在はRCMに統合)、 RoHS(特定有害物質の使用制限の欧州連合(EU)による規制)の認証、商標登録、特許を得たデザインです。インドネシアの生産工場は、 ISO9001(品質マネジメントシステム:2000年)、 ISO14001(環境マネジメントシステム:2004年)、OHSAS18001(労働安全衛生マネジメントシステム:2007年)を取得。世界最大級の審査機関、SGSのレポートは、JSBのWEBサイトでご覧になれます。eGeeTouch®の持つ大きな特徴であるスマートトラベルロック 、スマートラゲージジッパーロックはTSA(米国運輸保安局)認定のもので、RFID手荷物認証を履行するIATA(国際航空運送協会)にも適合しています。 グループ会社全体で約1,000人以上を雇用しています。高品質な電子部品、最先端のアクセスシステム、精密機器の生産を始めとしたサプライチェーンを展開してきました。25年以上培った機能的なデザイン、R&D、製造のノウハウを駆使し、現在までに多くの世界的多国籍企業及び政府機関にサービスを提供しており、我々のプロダクト、テクノロジーサービスは全世界で利用されています。