Menu

技術及び研究開発能力

テクノロジー主導のeGeeTouch® の設計及び開発グループは,インテリジェントなアクセスセキュリティー及び精密機器技術における独自の中核能力の開発に集中特化した多国籍の,学際的な,高度に専門化された専門家で成り立つDigi-Pas®のR&Dチームの研究の延長線上にあります。 私たちは,消費者向けの民生品,自動車,航空宇宙,医療及び建設オートメーション産業に焦点を当てたアクセスセキュリティー産業の発展に貢献し,グローバルトップの最先端デバイスやインテリジェント機器の革新のために絶えずR&D活動を行なってまいります。

伝統的な機械式ダイヤル錠は,特にその小さな回転ダイヤルや刻印,限定された組み合わせコードパターンや数秒で破られてしまうといった危険性があるなど,その扱いづらさが知られているところです。 世界初の特許も取得したeGeeTouch® スマートロックは,戦略的に,既存の組み合わせ式ダイヤルロック方式や鍵によるロック方式を変革し,これらの旧式のロック方式を現代的な新しいロック方式へ根本的に転換することを目指しています。 eGeeTouch® スマートロックは独自の最先端の近接インテリジェントアクセスセキュリティとスマート認識技術を採用しています。 使いやすさを徹底的に追求した機能性を備えるため,高度な近距離通信やバイオメトリクス指紋認証センサーが搭載され,強化されたセキュリティ性能がアクセス•ソフトウェア•アルゴリズム及びプロトコルを介して配信されます。高品質で信頼性の高いeGeeTouch® ロックの20年以上に及ぶ私たちの世界クラスの研究開発及びコンピュータ周辺機器や精密機器のデバイス製造プロセスの優位性は、日本の大手多国籍企業及びおよび当社の米国の顧客の厳しい品質要求とのコラボレーションによるものです。

NFCタグを活用したeGeeTouch® スマートロックは、キーを紛失することはなく、小さなキーを回転させることはなく、解錠コードを記憶する必要もなく、煩わしさから解放され、携行品を安全に保持することができます。 これらの使いやすさ、強化されたセキュリティ機能は、手間のかからないユーザー体験と伝統的な鍵では提供することができない心の安らぎを提供するという点において、重要な差別化要因といえます。

世界中の空港において、安全で効率的な航空荷物配送システムの確立に向けた国際航空運送協会の指令に沿って、手書きで書かれた手荷物の所有者の個人情報が公開されることになる伝統的な革ベースのラゲージタグの使用を置き換えるため、eGeeTouch® スマートラゲッジロックには、インテリジェントRFIDタグが搭載されています。 この高度なマイクロチップタグは、氏名、電話番号、住所などの所有者の個人情報が記録されていますが、手荷物を識別することが許されるのは空港の職員のみとすることでアクセスセキュリティを強化しつつ、荷物の誤配送を防ぎ、万が一荷物が紛失した場合もクレームを高速に処理します。