Menu

先進の暗号、スマート識別技術

スーツケースジッパー暗証番号型ロックや従来の南京錠は、所有物のを守るものとして最も基本的なセキュリティー方法としてしられています。しかし、機能性やセキュリティー性についてこれらのすべての鍵はすでに古くなってしまい、セキュリティー性能については疑わしく、時代遅れでとても扱いづらいものになっています。その要因として

  • 鍵をよく紛失する
  • 使い辛い小さな暗証番号のダイヤル
  • よみづらい小さな暗証番号ダイヤル
  • 簡単に暗証番号をわすれてしまう
  • 荷物を放置したらその暗証番号はすぐに解読されてしまう可能性がある

世界初のeGeeTouch®スマート電子スーツケースロックとジッパーロックは最先端の近接アクセスセキュリティーシステムとスマート識別テクノロジーを搭載しています。それらの技術は、以下のようなこれまでの鍵のデメリットを解決してくれます。

  • 鍵をなくすことがない
  • 小さな暗証番号をダイヤルする必要なし
  • 暗証番号を覚える必要なし
  • ロックが解読される心配なし

そのため、旅行者の所有物について使用者は何もいらいらすることはありません。これらの機能的にあきらかに発達した、またセキュリティー性能を高めた機能は、従来の鍵ではありえなかったことで、ストレスフリーで快適さを提供し、今までの鍵とは明らかな違いをもたらします。

  1. インテリジェント近接アクセステクノロジー

    ほんの数行で解読されてしまうこれまでの従来の暗証番号型ロックのようではなく、eGeeTouch®スマートスーツケースロックとジッパー南京錠は数億種類の数字とアルファベットからなる6桁の特許取得済みの暗号で事前にプログラムされております。これらのコードは、これまでの暗証番号型000から999より高いセキュリティーコードによってい配列されています。そのプログラムされたコードは、近接アクセスセキュリティー性を高めるためにさらに暗号化されています。独自の通信プロトコルは、さらに、格納された情報を抽出されることから防止するため複数のセキュリティ層によって配備されています。ユーザーが設定した開錠コードは、NFC搭載のタグやスマートフォン、タブレットPCやアプリケーションに保存されその暗号も覚える必要もなく、とても便利でセキュリティー性がすぐれたものとなっています。また、このセキュリティー暗号はオンラインバンキングでもつかわれています。

    eGeeTouch®スマートロックは、特許取得済みの近接アクセステクノロジーが採用されています。先進の近距離通信機能、指紋による生体認識センサーはセキュリティー性能が高くより簡単な機能性を擁し、それらはインテリジェント暗号化アクセスソフトウェアアルゴリズムやプロトコルを通して提供されます。

    この高品質で信頼できるeGeeTouch®ロックは、コンピューター周辺機器や精密機器デバイスにおける当社の日本の大手多国籍企業のパートナー様との密接なコラボレーションや、米国やヨーロッパのお客様からの厳しい要求へ応えうる当社の20年以上にのぼる世界クラスの研究開発と製造工程の専門性によってたしかなものになっています。

  2. スマート識別テクノロジー

    2012年、国際航空運送協会(IATA)によると、世界中の空港で2600万個のラゲッジの紛失が報告されており、その損失額は300億米ドルにものぼります。そして、米国だけでも、同年は4億個のラゲッジの取り扱いが空港ではあり、200万個の紛失が報告されています。

    eGeeTouch®スマートスーツケースロックはオプションとして RFID搭載のマイクロチップに、名前、電話番号、メールアドレスを登録できます。その情報をもとに空港内で間違ったところに置かるれるのを防ぐため、認可をうけた空港職員によりラゲッジの身元が鑑定され、手荷物紛失届けを簡単にしてくれます。